美容のためのエステ情報

化粧の短所

読了までの目安時間:約 2分

 

化粧の短所:昼には化粧直しをしないと見苦しくなる。すっぴんに戻った時に味わうギャップ。化粧品にかかるお金が案外痛い。ノーメイクだとどこにも出かけられない強迫観念のような呪縛。

現代社会に生きる私達には、体の内側には人体に良くない影響をもたらす化学物質が蓄えられ、更には自身の体の中でも老化を促す活性酸素などが次々と生まれていると報じられている。

唇の両端、即ち口角がへの字型に下がっていると、顔の弛みはますます酷くなります。にこやかに唇の両端を上げた笑顔でいるように意識すれば、たるみ予防にもなるし、何より佇まいが良くなると思います。

本来、健康的な皮膚のターンオーバー(新陳代謝)は28日周期になっていて、一日毎に細胞が作られ、いつも剥がれています。この「日々の生まれ変わり」によって私たちの肌は若々しい状態を保持し続けています。

強いUVを浴びたときに極力ダメージを抑える方法は3つ。1.日焼けした場所を水で冷やす2.たっぷりとローションをつけてしっかりと保湿3.シミをつくらないためにはがれてきた皮を剥いては絶対にダメ
日本の医学界全体がQOL(quality of life=生活の質)を重視する傾向にあり、製造業に代表される日本経済の発達と医療市場の急速な巨大化により、美容外科(Plastic Surgery)は最近脚光を浴びている医療分野であることは間違いない。

知らない内にPCのモニターに集中し過ぎて、眉間に縦じわ、かつ口元は口角の下がったへの字(この形を私はシルエットが似ているので「富士山口」と言っています)をしているのではありませんか?これはお肌にとって最悪です。

大方は慢性化するが、状況に応じた手当によって患部が管理された状況にあれば、自然治癒も予測される病気なのだ。

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
TOPへ戻る